一部屋でも大丈夫?一部屋から始めるマンション経営

マンション経営の人気の影響

マンション経営などの不動産経営をすることで不労所得を得たり、老後に備えたりするという考えが広まってきました。その影響を受けて不動産業界でも様々なサービスが展開されるようになり、あまり予算がない人でも資金運用をする道が開けてきています。その一つとして、マンションの一部屋だけを購入してマンション経営をすることができるようになりました。マンションを買うほどの予算の目処が立たない人でも経営デビューができるようになっているのです。

一部屋から始めるメリット

マンション経営を一部屋から始めるメリットは初期投資額が抑えられる点です。いずれにしてもローンを組む必要があることは多いものの、マンションそのものを購入するのに比べたらかかる費用には雲泥の差があります。家賃収入を返済にあてていくだけでローンの返済をすることができ、完済してしまったら家賃収入はそのまま懐に入ることになるでしょう。短期のローンで返済してしまえば、比較的短い期間で不労所得を得られるようになるのが特徴です。

空室リスク対策は提携先選びで解決

一部屋でマンション経営をするときに問題になりがちなのが空室リスクです。マンション経営で収入を得るためには入居者がいなければなりません。一部屋しか持っていないときには入居者がいるかどうかで収入が1か0かになってしまうリスクがあるのです。しかし、その点は管理会社側が考慮していることが多く、一部屋ごとに投資をしている利用者全体にバランスよく家賃収入を還元するシステムで運営することが多くなっています。そのような管理会社と提携すれば空室リスクも心配はいりません。

マンション経営は不動産投資の一種です。初期投資には多額の費用が必要ですが、近年の低金利によりローンを組みやすくなっているため投資先として注目を集めています。