賃貸物件の解約予告期間前に引越しを伝える難しさ

解約予告期間にかからないうちに

契約期間にかかわらず、賃貸物件からはいつでも引越せますが、解約予告期間前に引越しを家主に伝えないと、住んでいない期間の家賃も請求されることになります。解約予告期間は法律で、上限が3か月と定められています。家主がその範囲内で解約予告期間を設定しますが、もし3か月となっていて、家主への通知直後に引越したとしても、通知してから3か月間の家賃は支払わなくてはなりません。学生用の賃貸物件は別として、通常、解約予告期間はひと月であることが多いようです。

通知はしたいが日付が決められない

引越すことが確定しても、引越す日というのはなかなか決められないものです。家主に引越しを伝えるときは、解約日を記入した書面での伝達を求められることが多いです。解約日はいったん伝えたら、もう変更はできません。引越すことはすぐにでも伝えたいのだが、解約日がわからない、ということで、解約予告期間にかかるぎりぎりまでスケジュール調整をすることになります。家賃を支払う期間は1日でも短くしたいですから、ひと月後を解約日としたいところですが。

引越し日をいつにするか

引越し会社を頼む場合、解約日にトラックの手配ができるとは限りません。早く引越す分には問題がないので、解約日より前にトラックを手配できればいいと言えば確かにそうなんですが、家賃を余計に払うことになるじゃないですか。できたら、引越し日を先に決めて、それから解約日を決めたいものです。引越し料金というのは、引っ越し会社の指定した日時に合わせて引越しできれば、半額近くに割引かれることもあります。そのため、引越し日を優先させて万事決めたほうがいい場合もあります。

旭川市の賃貸マンションは、部屋を借りる形になるので引っ越したいときにいつでも引越しすることが可能です。