賃貸物件の探し方が変わる!?大家との直接契約が出来るように

不動産会社に仲介手数料を払うのは勿体無い

賃貸物件を探す時には、不動産会社に出向いて探すことが一般的でした。敷金礼金仲介手数料など前家賃以外に多額の費用がかかり、家賃の6ヶ月分程度の初期費用がかかることが多かったのです。しかし、不動産会社は大家からもADと呼ばれる広告料を取って利益を上げており、宅地建物取引業法に定められた仲介手数料1ヶ月分以内という規定を広告料という名目で追加受け取りをしていて実質的に守っていないことになり、信用出来る所が減りつつあり残念な傾向が続いています。

優良物件を紹介してくれる不動産会社が減った

駅前には大手の不動産会社が並んでいますが、同じ家賃上限予算では出てくる物件の順番がなぜか同じということが良く有ります。オススメの基準が大家からの広告料が多い順となるからです。不動産会社同士のネットワークを利用して相互に客付け営業が出来ることをから、自社の利益を追求するために入居希望者の希望通りに探さないことがまかり通ってしまっています。地元の小さな不動産会社では自社管理物件を積極的に案内してもらえるのでまだ安心感がありますが、駅前の大手不動産会社で優良物件を最初にオススメしてもらえなくなったことは残念です。

大家直接契約なら仲介手数料も更新料も不要

多額の広告料を不動産会社に払わなければ客付けすらしてもらえないことに業を煮やした大家は、自ら直接賃貸物件の募集が可能なサイトを利用して直接契約に乗り出しています。仲介不動産会社がいないので仲介手数料不要となり、交渉次第で更新料も不要とする大家も登場しています。広告料が絡まない昔ながらの大家と入居者という関係が築けるので、インターネットを利用した新しい契約方法として首都圏を中心に広がりつつあります。大家からの生の物件情報を確認した上で借りられるので安心出来ます。

耳に響きの良い、森の名のついた、賃貸物件は、あちらこちらに、数多くあります。住所として覚えやすく、人に説明をするのにも便利です。良い物件をお探しの方、森の賃貸はいかがでしょうか。