注文住宅なら、北米スタイルの輸入住宅も!

費用はそれほど高くない

映画などで見る、北米スタイルの住宅と言うのは、ゴージャスで解放感があってしゃれていて、憧れる人も多いようです。日本でもちょくちょく見かけるようになりましたが、さぞかし高いのだろうとイメージされがちです。しかし、意外に費用はそれほどかかりません。部材の加工はカナダなどの現地工場で大量生産方式でおこない、日本よりも人件費が安いためもあって、輸送費を入れてもそれほど高額にはならないようです。日本の注文住宅と同じくらいの額みたいです。

保温性抜群で結露も防げる

北米スタイルの住宅は、寒い地域を想定してつくられているので、気密性や保温性が抜群で、結露も起きづらいようです。日本ではまだ珍しく、高価な二重窓のような設備を標準装備している住宅もあります。見かけもさることながら、設備もかなり整っているので、注文住宅の建築を考えている場合は、選択肢のひとつとしてもいいかもしれません。玄関がなく、家へ入るとすぐリビングというつくりだったりもしますが、開放感があっていいという向きもあるようです。

北米スタイルにもさまざまな種類が

北米スタイルの輸入住宅と言っても、デザインはさまざまで、英国風、南欧風などいろいろあります。北米からの輸入住宅を扱っている会社はいくつかありますので、それぞれに当たって選ぶことができます。費用が日本の注文住宅と変わらないわけですから、純粋に機能やデザイン、住み心地で選択できますね。冬の寒さが厳しい地域などには、特に向いていそうな気がします。北米に移住した人々というのは、衣食住で一番住を重視する人々だそうですから。

ハウスメーカーなどが販売する建売住宅と異なり、注文住宅は基本的にどのような奇抜なデザインも実現可能です。ただしアイデアを盛り込めば盛り込むほど、相応のコストが掛かるため要注意です。